足場に掛かるコスト

無足場によって変わること

無足場は建物を建てる時の工事費を安くするために最近考案されて実際に工事現場で使われているものです。 建物を建てる時は必ず足場という仮設の建物を作りますが無足場がその代わりになります。 仮設の足場を作らなければ高い建物を作ることは難しいので、これは必須とされてきました。しかし、仮設なので本工事が進むにつれて一度建てたのに関わらず取り壊していくのが足場の宿命でもあります。足場を作るのは手間とコストがかかるので、マンションなどの価格は足場を含めた価格となっており割高の原因となっていました。しかし無足場が考案されたことによって、足場を作る必要が無くなり結果工事費用も安くなりマンション価格も安く抑えることが出来ると無足場は多くの現場で推奨されています。

無足場工法の特徴とメリットについて

無足場とは、足場を設置することなく、作業環境を確保する方法であり、建物の外壁に関する工事の際に利用される方法となります。 建物の外壁は日常的に雨風に晒されるため、劣化が進行するため定期的に外壁の補修をしたり、窓ガラスの清掃、看板のメンテナンスなどをする必要があり、そのためには安全な作業足場の設置をしなければなりません。 建物の外部にスペースがある場合は足場を組む方が作業性が良くなりますが、十分なスペースがない場合は、無足場工法で作業環境を作る必要があります。無足場工法には、屋上から作業用ブランコを吊り下げる方法と、ゴンドラを設置する方法があり、どちらの無足場工法も足場を設置するよりも低コストとなるメリットがあり、補修工事の内容が大掛かりなものでない場合に最適な工法となります。その他の無足場工法には、高所作業車という伸縮自在の作業台を利用する方法も存在します。